山下湘南夢クリニック

山下湘南夢クリニック


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

神奈川の湘南にあるクリニックでは不妊治療を行っています。不妊治療は体内受精などがありますが、体内での受精が難しいと体外受精となります。対象となる原因は様々あります。女性は卵巣と子宮を結ぶパイプとして卵管があります。その卵管が本来ある機能を失っていると卵管性不妊となります。細菌感染で閉塞したり狭くなるなどの原因があります。自然妊娠に必要な精子の数や運動率を満たしてないと男性不妊症となります。また、精子をつくる機能に障害がある造精機能障害も考えられます。体外受精は、卵子を女性から取り出す採卵と卵子と精子を受精卵にさせ子宮に戻す胚移植を行います。まずは女性の生理開始から3日目から10日目までに排卵を誘発させます。排卵誘発剤で必要なホルモンを入れて卵胞を育てます。誘発剤は低刺激から高刺激と分かれており卵巣の状態を考慮して使い分けます。経口薬を使う場合は低刺激となりますが育つ卵胞は少なくなります。中刺激や高刺激は注射剤となり卵胞の数は多くなります。使用する薬品や量で使う物のバリエーションは変わります。検査をもとに医師が使う薬を決めますが女性側が希望の誘発方法を提示することもできます。排卵直前になると卵巣から卵子を外に取り出して採卵します。超音波で卵胞の位置を確認し、細い針を腟から刺して卵子を吸引し外に出します。静脈麻酔するので眠っている間に採卵が終了し、痛みはありません。不安な人は麻酔をつけてもらいましょう。採卵日当日は受精に入ります。いくつか種類があり、神奈川や湘南のクリニックでも行っている採卵方法は様々です。受精方法は当日の卵子と使用予定の精子を見て医師との相談をします。採卵から1日~6日後は取り出された卵子と精子を培養します。培養は自然妊娠と同じ状態にするため行われます。5日後に成長する力が備わっているか選別します。自然妊娠の力が備わった受精卵は子宮に移動させ胚移植に入ります。着床できる状態まで発育した胚(受精卵)を子宮に戻します。不妊治療は体外受精となるとは限りません。神奈川や湘南のクリニックの医師の方とよく相談し、最適な不妊治療をしてもらいましょう。