ひかりセレモニー

ひかりセレモニー | 神奈川|大和市・座間市・海老名市・綾瀬市 お葬式のご相談なら「ひかりセレモニー」


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

私たちひかりセレモニーは神奈川県大和市の葬儀社です。大和市のほか座間市、海老名市、綾瀬市のお葬式をお手伝いいたします。 故人様のご安置費用は無料です。ご予算内で最大限できることをいたします。まずはお気軽にご相談ください。

大和市で故人との最後の別れを執り行う場合には、葬儀社に相談して斎場を選びます。大和市では、葬儀場がそれほど多くありませんから、比較するよりも、どのような葬儀を執り行えるのか、そのプランにこだわるのがいいでしょう。ちなみに、火葬料に関しては、市民と市民以外では5分の1ほどの違いになりますから、できるならば市民権を利用しましょう。その分、プランを練って、よりよいお葬式で送ってあげることもいいのではないでしょうか。式場利用料も同じです。申請の手続きを代行する葬儀社もありますが、受付時間内でなければ予約が難しく、また、火葬棟の込み具合によってはスケジュール通りにはコトが進まないこともあります。ちなみに、火葬炉の問題は、棺の大きさが関係しますから、棺選びをすると同時に普通炉でなく、大型炉がある施設であるのかもチェックしましょう。故人を亡くしてから、喪主が葬儀に関する一切合切を担うため、式場棟についても葬儀社のサポートを受けて決定しましょう。通夜ならば、遺族関係者が中心でしょうから、そうであれば30席~80席程度の規模です。家族葬でも大体それくらいの規模で選びますが、告別式となれば、80席~120席規模が理想的です。訃報を聞きつけて足を運ぶ会葬者もいるでしょうから、収容人数もチェックしましょう。葬儀の内容は、宗教上で異なりますが、式場の部屋は大和市でなくともあまり変化はありません。遺族控え室と会葬者控え室、さらに法要や火葬での待機時間に軽食を振る舞うことがあるなら、配膳室があるほうが便利でしょう。エアコン完備、加えてバリアフリー化されているのも理想的で、年配者に配慮できるでしょう。また、ご遺体の搬入時間なども規定がありますし、火葬に伴い利用できる控え室の利用時間も規定があります。その時間を過ぎれば、退室しなければなりません。忘れ物などがないか、遺族関係者がしっかり最後の確認をしましょう。コートや傘、会葬者は返礼品など、意外なものを忘れてしまうことがあります。